スポンサーサイト
--/--(--) --:--|スポンサー広告|-|-|edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1リットルの涙
11/30(Wed) 04:53|めも。comment(2)trackback(1)edit
jacket.jpg
ダメね。
この曲聞くだけでも涙ジワジワなんですけど。
KのOnly Human

今日はチョウド時間がごはんと重なった
ごめん、実はハンバーグの味あんまりわかんなかった°゚(つд⊂)゚°

たかが人間、されど人間 かー。
まっすぐに進みたいもんです。
name:
url:
pass:

管理者にだけ表示
No.321
あーいうのが本当の難病なんだよなぁ、と、
ちらっと観て思った。
同じ不治の病でも格が違う。
補助金貰うのが後ろめたくなる。
今はもらってないけどさ。

原作本をもらったけれど、怖くて読んでなかったりする。
もらったのも忘れていた。

人の死を扱って涙を誘う脚本は書きやすいけど、
「これは作り話なんだよな」と思って納得できる。
ノンフィクションのものはそれができないから辛い。

読んだ本に影響されやすい人間だから、
これを読んだらどうなるやら。
また色々考えすぎてUC復活しそう、なんて怖さもあるんだけど、
本当にそういう状況に立たされた、
生の人間の感情(しかも女性)となると、
その強烈な感情を持った言葉が怖いんだよね……

見過ごしていた方が精神的に楽なことって結構あるもんです。
それが良いか悪いかは別として。
瀬尾|12.01(Thu) 02:16|URL|
No.322
>>瀬尾じい
超健康体のあたしには、どっちも。
ドラマではじめてみたんだよねぇ
一応題名だけはしってたんだけどね。
病気のこともそうだけど、なによりも家族ってあったかいんだなーって毎回泣けるのであります(´Д⊂
ゆゆ|12.02(Fri) 11:10|URL|

TRACKBACK

No.13
原作を読み、待望のドラマ化と毎週感動しながら「1リットルの涙」を見ている。不治の病「脊髄小脳変性症」として診断されて歩くことも、喋ることも出来なくなりやがて死を向える。ドラマでは内容が少し脚色されているがそれでも毎回胸にジーンと来るものがある。この「病」 ⇒オガチャン的ライフ 2005.11.30 07:52
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。